本の紹介の数珠つなぎはやらない2020年05月29日 19時29分34秒

2020/5/29(金)
ラジオ英会話の録音を編集したいとずっと思っていて、音声ソフトをインストールした。
無料版でやっていたら制限を超えたようで不可に。
でも使いやすかったのでそのまま購入した。
8:25の電車で出社。
釧路の仕事のやることを整理する。
10:30からネット会議の接続確認。
はやく釧路の現地に行きたい。
今日は2年間ずっと一緒にやってきた出向者の最終日。
最後のお話をする。
うちの職場で感じたことをいろいろ聞いた。
やっぱりそうだよなということが多かった。
ほかには僕に言えないことがいろいろあるんだろうな。
とにかくご苦労さんでした。
昼休み、英会話の編集作業。
PM、コンソーシアムの理屈を考える。
できたところまでメールで送った。
もう今日はこの仕事はやらないと言葉を添えて。
夕方、出向さんを見送って、自分も退社。
パンを買って帰る。
うちに帰ってコーヒーを飲もうと思ったらちょうど切れたので近くのドトールへ。
明日行くはずだったんだけど。
そういえば、昨日、知り合いからフェイスブックの本の紹介の数珠つなぎのようなものを打診されたけど、お断り。
そういうやつ、興味ないので。
<競馬>
やっぱコントレイルでしょ。
複勝遊びだな。
<今日の英語>
what if が使えるように。

通勤電車での女性とおじさん2020年05月28日 20時26分49秒

2020/5/28(木)
<日常>
8:25の電車で出勤。
AMはJV業務のwebブレスト。
思ったより意見が出てよかった。
ほかの人が言うことに自分の考えをぶつけるということが、実はあまりはいのではと思って、人の意見に自分の意見を言うことを意識してやろうと声をかけた。
一歩上の議論をしよう。
時間通りに終わったはずが別件を長々と話してしまって昼休みにだいぶ食い込んだ。
PMは出向が明日までという同僚との業務の打合せ。
彼、てきぱき仕事を進めてくれてとても助かった。
そのあとは月曜の資料作り。
考えを詰める作業はとてもしんどい。
16:54の電車に乗る。
向かいに座った女性のふるまいが面白かった。
どうやら間隔を空けて座るべきと思っているらしく、ひとつ空けて座った自分の反対側の隣に女性が座ったら露骨に嫌な顔をして、自分の荷物の紙袋をあてつけのようにその間に置いた。
そして、反対側のひとつ空けたほうに自分がちょっとずれた。
それでも車内は少しずつ混んできて、よりによってその空けたひとつのところ、しかも自分がちょっとずれたからちょっと狭くなったところに、少し小太りのおじさんサラリーマンがねじ込むように座った。
その女性は露骨に嫌な顔をしておじさんをにらんだ。
僕は面白いのでずっと見ていた。
そうしたら、何とその女性、足でそのおじさんを蹴った。
スニーカーだったから迫力なかったけど。
そのあと、ハンドバックをがさがさいじったと思ったら、そのハンドバックを横に置く仕草でおじさんにぶつけた。
そのあたりでおじさんはその女性が何か変だと気づいた。
そのあと、また女性はおじさんを蹴った。
2回め。
さすがにおじさんは女性を何やねんという顔で見た。
どうなるかなと思ってたら、3つ目の駅でその女性が先に降りそうだった。
どうするだろうと思って見ていたら、立ち上がるときに体をわざとおじさんにぶつけて立ち上がった。
さすがにおじさん、その女性をにらんでいた。
その女性、さっさと扉の方に歩いていったのだが、電車がまだ停止する前で、ドアがあくまで立ち止まることになった。
そうすると、またその女性はおじさんのほうを見てにらんだ。
おじさんもその女性を目で追ってたままだったので、そこでにらみ合いになった。
その女性、ほんとはそこですたすたとドアから出ていくイメージだったんだろうな。
フィニッシュが決まらなかったね。
<今日の英語>
early next week
in the middle of next week
late next week

表と裏2020年05月27日 21時14分34秒

2020/5/27(水)
<日常>
8:25の電車で出社。
10時からの打合せの前に上と相談。
10時からの打合せはやっと出口が見えかけた感じ。
午後は釧路の調整と明日のミーティングの準備。
17:05の電車で帰宅。
<仕事>
表向きの理由と裏の理由。
必ずオモテウラはある。
誰にどこまで話すかはその人次第。
裏のことは秘めておくならその人の勝手。
でも表のことがはっきりしないのが裏を考えているからであれば、あまりいい仕事にならんな。
<今日の英語>
let alone

決断を意識しすぎるリーダー2020年05月26日 19時32分26秒

2020/5/26(火)
<日常>
今日は休暇。
<雑感>
マスクが届く頃には世の中にマスクがあふれるようになっていたり、10万円を受け取る頃には生活がすでに立て直されていたり、タイミングが全てとも言えるようなものが、タイミングが悪い結果になるというのは、それを仕事として関わることになった人はやりきれないだろうと思う。
タイミングはあまり関係ないようなものならいいけど、タイミングがとても大事なものに、国家の大金が使われたというのは、結果としてやはりどうかなと感じたりもする。
ま、10万円のほうはこれから使えるからいいのだけど。
これが結果論なのか、そうではないのか、どうなのだろう。
リーダーの決断の問題かなと思ったりもする。
リーダーは決断が全てと見られたりするけど、決断を意識しすぎるリーダーは、決断が先走ることがよくある。
議論が成熟しないまま、えいっと決めちゃう。
決断が全てと意識しすぎているとそうなる。
逆にいつまでも決断しないリーダーだと、早よ決めろと思われたりして、なので、もたもたするより早う決めなきゃいいリーダではないと思ったりもする。
拙速な決断が良いリーダーの判断ではない。
日本のリーダーだけではなく、日常の職場でも当てはまるお話。
<今日の英語>
in contrast

はいわかりました2020年05月25日 20時40分07秒

2020/5/25(月)
<日常>
出社日。
AM、PMいずれもweb会議。
ややタフだった。
<雑感1>
自分が悪くない側にいようとする無意識なふるまいが面倒だ。
人の雰囲気を読んで、特に強い人の顔色とか言動を意識して、その人に同調するふるまいをする。
これ、防衛本能と言うのかね。
防衛するのは勝手だけど、そうやって防衛している人と正面から話そうとするととても疲れる。
何のために防衛してんのと聞きたくなる。
ま、そりゃ守りたいわな。
でもそれで周りを振り回しているかもしれないということには気づいたほうがいいな。
<雑感2>
「はいわかりました」と言うだけで、何でも相手の言うとおりにすれば仕事って楽なんだろうなとたまに思う。
自分の考えを言って、さらに、言うだけでなくて議論してベストなものを見つけ出そうとしたり、折り合いをつけられるところを考えようとすると、自ずと仕事は大変になる。
さっと折れればいいのだ。
折れるどころか何も言わずに受け入れればいいのだ。
そうすると仕事は楽なのだ。
<今日の英語>
However hard
No matter how hard