フィギュア羽生選手、高梨沙羅チャン、男子バレーの南部新監督2014年02月15日 09時39分45秒

まだ2月半ばだけど、厳冬の寒さはピークを過ぎた感じ。
何となく、フツーの寒さになった気がするね。

フィギュアスケート男子は羽生選手の金メダル良かったよね。
でもフリーの上位選手はみんな転んだり手をついたり完璧じゃなかった。
見ているほうとしては少々不満だけど、もしかしたらトップ選手でも失敗するか成功するかわからないくらいの演技レベルにチャレンジしているのがメダルレベルなのかもね。
失敗しないくらいの無難なレベルでまとめてもメダルにはならないのかも。
想像ですが。

そう言えば高梨沙羅チャンはメダルはダメだったけど、ジャンプって踏み切りがほとんど全てだとしたら、4年間の努力がその踏み切りのほんのゼロコンマ何秒で決まってしまうってすごいよね。
例えばマラソンだったら、仮にちょっとつまずいても2時間ちょっとのなかでいくらでも挽回できそうだけど、ジャンプのほんの一瞬で全てが決まるって残酷だよなと思った。
高梨沙羅チャンは長い目で見てまだまだこれからいくらでも挽回のチャンスあるよね。
それにしても彼女のインタビューの受け答えの姿勢はすごくいいよね。

冬のオリンピックではないけど、全日本男子バレーの監督が南部氏に交代したというニュースがあった。
南部監督って、年齢は僕のひとつ上で、大阪出身。
で、同じく大阪でバレーをしていた僕は、実は中学時代の南部さんのプレーを間近で見たことがある。
僕が中学2年の時、夏の大阪大会の確かベスト8くらいの試合会場で、大阪市内の東我孫子中学(確か)というところがゲームをしていて、なぜか入り口に人だかりができていて、みんなゲームに釘付けになっていた。
その東我孫子中学でアタックをばしばし決めて、後ろに下がったらサービスエースを決めるすごいエースがいて、すごいぞすごいぞと会場に来ていたほかのチームの人もみんな集まってきていたのだ。
結局南部さんのチームは確かベスト8かベスト4で負けちゃったけど、すごい選手がいるもんだなと思った覚えがある。
ちなみに、この年代(僕の一つ上)の大阪の中学には、もうひとり池島中学の助田さんというすごい選手がいた。
中学の時からでかくて、もう、この人ひとりでスパイク打ちまくって、ドライブサーブ打ちまくってすごかった。
助田さんは後にサントリーに入ってバレーをされていた。
(中学とか成績とかは僕の記憶なので間違っているかもしれません)

春高バレー2014年01月14日 06時46分03秒

春高バレーの女子の決勝、九州文化学園と東九州龍谷の対戦はすごかった。
2セット東龍がとったあと九州文化学園が2セット取り返して最終セット、粘って粘って最後は九州文化学園が逆転勝ち。
エースの田中選手がとにかく決める。
土壇場でも表情に追い込まれた感がなく、まさに頼れるエースという感じ。
身長170cmだそうで、全日本で世界と戦うには少し低いかなと思うけど、これからも期待したいね。

男子の方は星城でした。
エース石川選手と対角の武智選手(だったっけ)が評判通りでした。
ただバレーとしては鹿児島商のコンビバレーのほうが僕の好み。
でもとても良かった決勝戦でした。

プロ野球、たかがボールなのか2013年06月11日 21時08分38秒

いまスポーツ新聞のサイトを見たら、なんと今になって、日本のプロ野球で使用しているボールが昨シーズンの飛ばないボールから変更されていたことを日本野球機構が「認めた」とのこと。

どゆこと?
どうして今まで公表しなかったのだろう。
前の統一球導入の時はさんざんアピールしていたのに、そのボールが不評だったとなると、選手にもファンにも知らせずにこっそりと変えるとは、どういう感覚で仕事してるんだろうなあ。
なめてるよね。

ラグビー観戦2012年09月17日 07時43分42秒

チケットをもらったので、札幌の月寒で行われた関東大学ラグビー明治×立教のゲームを見に行って来ました。
ラグビー観戦は2回目、ずっとずっと前に花園に高校ラグビーを見に行ったことがあってそれ以来。
やはりスポーツのナマ観戦は楽しい。
自分が入り込んでいく感じを実感できるよね。

ゲームは明治がトライを重ねて一方的な展開。
60点以上の差ができたところで、雨が降ってきたので途中退散しました。

余談だけど、観戦を途中で切り上げて時間ができたので、それじゃあ次はファイターズ観戦だと隣の駅の札幌ドームへ行ってみたら、満席で立見席も3列くらいになっててそれでも良ければチケット売りますと言われてすごすごと帰りました。

雑感3つ2012年08月15日 07時00分36秒

まだ盆休み中。
さらに雑感いろいろ。

----------
「そんなことまで考えなかった?」

オリンピックのバドミントンでの無気力試合の問題で、韓国では選手の資格を剥奪するという。
そして監督とコーチは除名処分だってさ。
なでしこジャパンの1次リーグの引き分け狙いとか、陸上短距離走で先頭選手が流して走ることとかと一体何が違うのか、いや本質的には一緒だとかいろんな見方があるみたい。
理屈を並べるだけで、そんなに大きくは違わない気がするけどね。

ただ、バドミントンの場合は、前回までのトーナメント方式から予選リーグ方式に変えたことが問題だろうね。
リーグ戦に変えたこと自体が問題じゃなく、予選をリーグ戦にするときにこんなことが起きるかもと想定できなかった、仕組みを作る側の人たちの甘さだよね。
ほかの種目では、そういうことを想定して決勝トーナメントの対戦を抽選にするとか工夫してたりするみたいだし。
ちょっとくらい参考にすれば良かったのにね。

仕組みを考える側の人にしてみたら、選手がわざと負けようとするなんてことまでは考えなかったと言いたいところだろうなあ。
けど、やっぱり考えないといけないんだよ。
結果論じゃないよ。

これって日常の仕事でもよくあることで、相手から何かを指摘されて「そこまでは考えてませんでした」って答えたりするでしょ。
指摘が突拍子もないことだったりすることもあるけど、でもちょっと見方を変えればすぐに想像できたり、相手の立場だったらそりゃそう思うよなってことだったりすることも多くて、つまりは作る側の人が思いつきの段階だけで仕事をすまして、それ以上の想像を働かせなかった結果なのさ。

だから「そんなことまで考えなかった」と言いたくなるときは、作る側の想像力の足りなさをひけらかしているだけと反省したほうがいい。
バドミントンの場合は、それを選手や監督・コーチという、その仕組みで動かされる人たちに責任を負わせたという、僕から見れば責任転嫁の最悪の判断というように見えちゃうね。


----------
「どうしてほしいんですかとは聞かない」

仕事でさ、何かをつくって持って行ったら、イマイチ反応が良くないってことあるよね。
そういう時「どんなふうにしたらいいですか」ってすぐ聞いちゃう?

せっかく時間かけてつくった資料が受け入れられなくて、じゃあどうしてほしいのか具体的に言ってよと言いたくなる気持ちはわからないわけじゃない。
具体の指示をもらって作業したほうがはるかに効率いいし、成果も「あなたがこうしてほしいと言ったからこう作ったんだ」と相手の責任にできるしね。

でも、まだ我慢なのだ。
「どうしてほしいのですか」と聞くのは最後の本当にどうしようもない状態になるまでとっておきたい。

相手も、何となくイメージがあるだけで、具体のお願いを出せないときってあるよね。
服を買いに行って「どんなのをお探しですか?」と聞かれても、何となく流行りのものがほしいだけで、見てみなきゃわからないというのと同じ。
こんなときに「無地かストライプか水玉かまず決めて」と言われても困るよね。

だから僕らの日常の仕事でも「どうしてほしいのですか」とはできる限り聞かないんだよ。
どんなものを提示すれば喜んでくれそうか想像力を働かせてひねり出す。
で、相手の想像を超えるような、あっと言わせるようなものをどーんと出す。
いつもいつもうまくいくとは限らないけどね。


----------
まずは感謝なのか。

またオリンピックで感じた話に戻るけど、最近のインタビューを聞いててで気になるんだね。
多くの人にお世話になってここまで来たとか、監督・コーチほか支えてくれたスタッフの皆さんに感謝したいとか、インタビューの礼儀のようになってる感じがするよね。

わかるんだけどさ。
今の雰囲気だと、逆に、感謝を言わなかったら礼儀知らずのように見られるかもしれないしね。

だけどさ、努力したのは圧倒的にその本人なんだよ。
だから、インタビューではその努力の成果の実感を自分の言葉で話してほしいなって思うんだよね。

例えば、プロ野球のピッチャーで、最近活躍できるようになってきたY選手。
ちょっと前は、勝ったあとのインタビューで「キャッチャーのTさんのリードのおかげです」としか言わなかった。
でも最近は「必死に投げました」とか「今日はうまく投げられました」とか自分主体で話すようになった。
聞いてるほうとしてはこのほうが全然面白い。

感謝はね、最後にそっと言えばいいんだよ。
サポートしてる側ってさ、日の目を見ないで当たり前で、内面に感謝の気持を持っててくれてさえすればいいと思ってると思うよ。
まずは感謝の言葉ありきだろと思ったとすれば、それはサポート側の傲慢よ。

スポーツに限らないよ。
日常の仕事でも、努力してやった人は堂々としてればいい。
自分の努力を隠すようにして、サポート側への感謝を見せるというのは、違うと思うんだよ。
本心が感謝だらけなのであればいいけどね。

たまに逆のこともあって、本人の努力とかアイデアがあまりなくて、まわりのサポートだらけの成果なのに、あたかも自分の能力でできましたという見せ方されて幻滅したりすることもあるけど、これはまた違う話だね。

自分の努力と周りのサポートを冷静に自覚することが大切だということかな。