連休の過ごし方、一歩踏み出す、「手術した」と「髪を切った」2013年05月04日 20時59分27秒

暦通りに仕事していた人や、GWなんて関係なく働き続けの人には怒られそうだけど、僕の職場、連休中日の平日は会社自体が休みだった。
この平日の休みをどうするか、連休前はどこかの河川を見に行くかとか、何も関係のないところにぶらりと行ってみるかとかいろいろ考えていたのだけど、天気が悪くてしかも寒かったので、結局は銀行とか本屋とか近場にでかけるか家にいるかという、いつでもできるような過ごし方をした。
で、家にいるとき何をしていたかというと、実は仕事をしていた。
仕事と言っても、作業していたわけではなく、提案書の内容を考えたり、今年度業務の組み立てを考えたり、良く言うと時間の制約なしに、悪く言うとだらだらとやった。
中日の平日は終わったけれど、連休中に終わらせたいところまでは至っておらず、結局はあと2日の休みを使って、時間を気にしながら仕事することになっちゃった。


話は全く違うけれど、先月、手術を受けたことをブログに書いたら、それを読んだ大阪の全く知らない方からメールが来て、その方も同じような症状を患っていて、しかもそれが15年来で、もうかかりつけの病院での手術も決まっているのだけど、僕が受けた手術の方法も気になって、僕の手術の状況とかその後の状態とかを聞いてこられた。
なのでメールのやりとりでいろいろと伝えた。
ネット社会では当たり前のようなつながり方かもしれないけど、そう簡単なもんじゃないよね。
僕の手術自体、僕がブログに何気なく書いたことにコメントを下さった先生の行動がきっかけだし、先日のメールの方も、僕にメールを書いてみるという行動を起こしたことがきっかけだしね。
つまりは、ネットだからではなく、ネットのなかで一歩踏み出す行動をとるかどうかが境目だということだよね。
この一歩がとても勇気いることで、僕だったらメールの送信ボタンをクリックするのに1時間くらいは迷いそう。
なので、そういう勇気が見えたときにはその行動には敬意を払いたいといつも思うのだ。


話は全くそれるのだけど、僕が「手術したよ」と言うのは間違いだよね。
手術したのは医者で、僕は手術を受けただけ。
ま、会話のなかでは意味は通じるからどうでもいいかもしれないけど。
思い出したのが、英会話に通っている時に「髪を切った」というのを英語に置き換えたときにネイティブの先生から間違いを指摘されたこと。
日本語で普通に「髪を切った」って言うから、
 I cut my hair.
と言ったら間違いなんだな。
これだと自分で自分の髪を切ったということになる。
正確には自分で切るのではなくカットやさんとかで「髪を切ってもらう」のだから、
  I got my hair cut.
となる。
英語堪能な人なら基本かもしれないけど、英語苦手な僕はひとつひとつが学習だった。
「手術した」と言いそうになって思い出したことでした。

入院(その4)2013年04月20日 08時51分52秒

おまけ。
手術してくれた土屋先生。
「退院する前に外来の部屋に寄ってって」と言われて、行ってみたら「最後に写真撮りましょう」。
こういうことが実は嬉しいんだな。
僕も記念に一緒の写真撮って帰りたいなと思ってたけど、言い出しそびれて、まあいいかと思っていたところだった。

最初は首の手術ってどうなんだろうと思っていたけど、土屋先生とメールのやり取りしているうちに全然恐怖心はなくなってお願いすることにした。
なので、自分はちょっと治療に行ってくるというくらいだったのだけど、行く前に職場とか知り合いに言うとみんな「大丈夫なのか?」とさも失敗半々のような心配そうな顔して聞いてくる人が大半だった。

経過良好。
来週からまた仕事。
体調は良好だけど、気持ちがきっちり復帰するかどうかが問題だ。
入院中の読書三昧で仕事が頭からすっかり抜け切ってるので。

(写真は無断アップ、土屋先生ご了解下さいませ)

入院(その3)2013年04月20日 08時41分20秒

行った病院は浜松にあるすずかけセントラル病院。
できたばっかりらしく、中もとてもきれいだった。
もちろん患者はとても快適なんだけど、こういうところで働いていると、スタッフも気分がいいよね。
僕がそういうふうに見ていたせいかもしれないけど、たくさんいる看護師さんたちみんないきいきと働いていた感じがした。

いい仕事できるかどうかって、もちろん本人の努力次第という面もあるけど、環境も大きいよね。
ごみごみとしたところで働いていると気分も乗らないんだな。
いまの僕の職場も立地とかビルとかとても恵まれていて、毎日気分よく働けるのはそのせいもあると思う。
もちろん、すべての職場がきちんとしたオフィスのような環境とは限らないけど、その職場に応じた「きちんとしている状態」というのは働くモチベーションとして重要だよね。

ま、そんな感じで、きれいな病院でいいスタッフに囲まれていい入院生活でした。

入院(その2)2013年04月20日 08時35分50秒

2月にこのブログに書いた「頚椎症性神経根症」という、つまりは首の椎間板(背骨に続くブロックのような骨と骨の間にあるクッションのようなもの?)が変形して、そこから手の方に出ている神経を圧迫して手がしびれていたのを解消させるための手術を受けに行ったもの。

ブログにコメントを下さった土屋先生のオペで、圧迫していた部分を取り除きしびれはきれいサッパリなくなった。

しびれや痛みが一番ひどかったのは2月頃で、それからはだいぶ収まっていたので、手術してすごく良くなったという実感は実はそんなにない。
ただ、しびれを抱えながらずっと生活していくのかという気がかりがなくなって気持ちがスッキリしたというのが大きいような気がする。
気がかりなことを抱え続けるのって、気持ち的にしんどいよね。

入院(その1)2013年04月20日 08時25分46秒

先週の日曜から昨日までほぼ1週間、浜松の病院に入院してました。
4月はちょうど仕事のはざまで時間がとれそうだなということで、1週間休みをもらって行って来ました。