気づかないところで命を預けていることに気づくべき2016年05月01日 07時02分15秒

先週の現地写真、本文とは関係ないけど。

NHKスペシャルで冬のスキーバス事故のことを検証していた。
ずっと前の規制緩和でバス事業に参入するのが容易になったこと、それでも外国人観光客の増加でバスの需要がさらに高まってバスや運転手が足りていないこと、それなのに競争で運行の価格が安いままでそのひずみが現場にきていることというのが大体の構図のようだ。

業界の問題はそれはそれとして重要だと思うけど、そういう業界の事情で運行されている乗り物に、あまり疑問を持たずに旅行者は値段を見て乗り物を決めているということか。
安いものにはわけがあると言われれば当たり前だろと言い返すだろうけど、いざ自分がどこかに移動しようとしたときに安い手段に目が行くという、一般論と自分の思考のズレにあまり気が付かない。

飛行機で考えたことがあった。
日本の格安の航空会社にトラブルがあったとき、機長が南米の人だったという報道があった。
確かに、そのあとこの航空会社に乗ったときに、機体に掲示してあった貴重の名前も外国人だった。
外国人の機長が悪いということではなくて、自分の命を預ける先の乗り物の責任者がどんな人なのか全然知らずに、ただ漠然と日本の航空会社だから大丈夫だろうという感覚で乗り物選びをしていることに気づいたということ。

仕事って会社の名前が表に出るけど、実際にやるのは人。
なので、成果の質は人によってほぼ決まる。
その人を育てたり、成果のチェック体制とかは組織だから、必ずしも個人だけではないけど、ひとつひとつの場面ではやはり個人。
命に関わらないところだといいけど、仕事の場面では、こういう個人の命に関わることを、自分では決められない人に委ねているということに気づかない。

自分の命を委ねる場面はできるだけ慎重にしたい。
仕事では些細な失敗はいいのだ。
それよりも全然関係のないところで命を失わないことが実は大事。
安さにはわけがあると思って、安物買いで、実は命を預けるには危険があるようなものに無意識に手を出すことはやめる。
さらに、日常業務でも、仕事の成果はとりかえせるけど、事故での命はとりかえせないことを考えれば、安全にはもっと意識を高めるべき。

アイデアを出せるようにする努力2016年05月06日 06時39分28秒

近所の桜、だいぶ咲いてきた。

カンブリア宮殿でUSJの社長が言われていたことで、努力をした先にアイデアは降りてくる。
日々の打ち合わせでも、さあどうしようという場面がよくある。
活発に意見が飛び交っているときはいいけど、必ずしもそんなときばかりではない。
発想が行き詰まる。
つかの間の無言の時間が流れる。
そんなとき、そこにいる個々はどうしてるか。

誰か何か言ってよと、誰かが口火を切るのをひたすら待つ。
発言を遠慮している顔をよそおって、アイデアを出せないことをごまかす。
大勢の打ち合わせの場面だけではない。
一対一の打ち合わせでも、どうしたらいいだろうねと相手から言われて何も返せず、ありきたりな言葉で場をつなぐ。
そして相手が言ったことに対して、
「ですよねー」
と、さも自分もそう考えていたかのように相槌を打つ。
勘弁してくれ。
アイデアを生み出す努力と先に口にするちょっとした勇気をわかってはいない。
企画とか計画に携わる立場は、次の一手のアイデアを出すのが仕事。
それを人の一言を待っていては、自分がいる意味はない。
意味がないとは言いすぎか、いる意味はあるが、決まった方向で作業をするための人という存在か。
誰もアイデアなんてそう簡単には思いつかない。
瞬間芸のように思うと間違いで、日々その仕事をどれだけ考えて、それにつながる基礎的な勉強をどれだけ積み重ねているかだ。
瞬間のアイデアは努力の積み重ねの結果だ。

もうひとつ、次のカンブリア宮殿で江ノ島の水族館の社長がでていて、水族館の従業員の人達、水族館に入れる魚を自分たちが湘南の漁船に乗せてもらって、定置網にかかる魚から自分たちで網ですくってくる。
漁師さんと仲良くなっていると地元の魚のことがよくわかると言っていたが、情報が大事だなという点だけではない。
人に任せないということが大事なんだな。
展示する魚選びを「専門家に任せる」というのも頭をよぎるはず。
自分も専門家なんだけど。
そこを人に任せず深夜0時に職場を出て漁船に乗り自分で魚を獲得しに行く。
技術者(と言っていいのか)の仕事のやり方として、この積み重ねが実力になっていく。
自分はどうかなと思う。
安易に人に任せていないか。
自分が専門家なのに専門家に任せるという発想になっていないか。

こういうことって、どういうモチベーションで考えるのだろうとふと思う。
仕事をただやればいいんだろうとか、これだけやったんだから認めてくれよとかいう感覚でやってたら出てこないんだな。
相手の満足を見て自分が満足する感覚、喜んでくれたら嬉しくて、不満そうな反応をされたら落ち込んで次こそはと意気込む。
仕事は仕事、お金がもらえればそれでいいというのではつまらない。
自分がやる仕事で相手に喜んでもらってお互いハッピー。
それが理想、ていうか日々そうしたい。
そのための日々の積み重ね。
努力できる人は頑張りましょう。

釧路2016年05月11日 19時24分13秒

連休明けてもまた釧路、今日は打合せ。
来週も再来週も来る予定。

河川勉強会2回目2016年05月17日 19時01分21秒

今日は今年度2回目の勉強会。
掃流力の説明をしました。
前回はイントロのような話、今回は本題で、式変形とか細かな話をたくさんしました。
とても地味な内容だけど、どれもとても大事。
みなさん理解してくれましたかね。

旭川2016年05月18日 17時53分23秒

今年度の初回の打合せへ。
ひとつひとつまた始まっていく。
気持ち引き締めていきましょ。